FP1級おじさんの日記

税理士を目指すFPおじさんの奮闘記

【人生の教科書】「学問のすすめ」から学ぶ実学㉒

啓蒙思想

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

前回に続き、混迷の時代を生き抜くためのバイブル福澤諭吉先生の「学問のすすめ」を読み解きながら、今私達がすべきことは何かを考えて行きたいと思います。齋藤孝先生が現代語訳された学問のすすめちくま新書」をご準備ください。

 

楽天ブックス(送料無料)〉※中古でも大丈夫。(笑)

https://books.rakuten.co.jp/rb/5974845/?l-id=search-c-item-img-01

 

〈第11編〉美しいタテマエに潜む害悪「名分論はニセ君子を生む」※中略

名分」のそもそもの由来を考えてみよう。たしかに、表面的には強大な力でもって弱い者を支配するという意味には違いない。けれども、その本来の趣旨としては、必ずしも悪意のある考えから生まれたのではないのだ

 

自分の身にもかえられないほど愛しているわが子に対しては、教え諭しほめるのも、叱るのも、すべて真の愛情から出ているから、親子の間が一体になって、その快適なことはたとえようもない。これがすなわち親子の付き合いであって、この場合には上下の区分である名分」も立って、差し支えとなることもない。

 

〈FPおじさんインプレッション〉

第11編の教えは、全17編の教えの中で最も理解が難解だとFPおじさんは感じています。なので、少しずつ解説をして行きたいと思います。FPおじさん独自の解釈なので学者の方からお叱りを受けるかもしれませんがご容赦ください。

 

名分」という言葉は、現代風の言葉に置き換えると「パワハラ」ではないかとFPおじさんは感じています。会社において、管理職が強大な力をもって弱い社員を支配することがまさに「名分だと思います。

 

一方、家庭内において親御様お子様を叱ることをパワハラとは言いませんね。なので親子間においては、「名分は成立しないことになります。したがって、「名分」という言葉は必ずしも悪意のある考え方から生まれたものではないのです。

 

出典:現代語訳 学問のすすめ

https://books.rakuten.co.jp/rb/5974845/?l-id=search-c-item-img-01

 

f:id:FP1nakagawa:20220102070744j:plain

【人生の教科書】「学問のすすめ」から学ぶ実学㉑

啓蒙思想

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

前回に続き、混迷の時代を生き抜くためのバイブル福澤諭吉先生の「学問のすすめ」を読み解きながら、今私達がすべきことは何かを考えて行きたいと思います。齋藤孝先生が現代語訳された学問のすすめちくま新書」をご準備ください。

 

楽天ブックス(送料無料)〉※中古でも大丈夫。(笑)

https://books.rakuten.co.jp/rb/5974845/?l-id=search-c-item-img-01

 

〈第10編〉学問にかかる期待「外国人と競うことこそが学問の目的」※中略

いま学問をする者は何を目的として学問をしているのだろう。「何者にも束縛されない独立」をという大義を求め、自由自主の権理を回復、というのが目的だろう。さて、「自由独立」というときには、その中にすでに義務の考えが入っていなければいけない。

 

独立とは、一軒の家に住んで、他人に衣食を頼らないというだけのことではない。それはただ「内での義務」というだけのことだ。なお、一歩進んで「外での義務」について考えなければならない。

 

これは、日本国にあって日本人の名をはずかしめず、国中の人と共に力を尽くして、この日本国をして自由独立の地位を得させて、はじめて内外共に義務を果たしたと言えるのだ。したがって、一軒の家の中でただ生活しているという者は、独立した一家の主人とは言えても、独立した日本人とは言えない。

 

〈FPおじさんインプレッション〉

何者にも束縛されない独立」をという大義を求め、自由自主の権理を回復、というのが目的で学問をしているという福澤諭吉先生の教えは非常に分かりやすいと思います。幼少期から塾に通い日々学問をしている者遊び惚けている者の末路は決まっている。

 

また、独立には2つの側面があり、「内での独立」と「外での独立」である。この2つの独立を果たしたときに、初めて日本人としての義務を果たしたことになり外国人と競うことができるようになるのである。

 

出典:現代語訳 学問のすすめ

https://books.rakuten.co.jp/rb/5974845/?l-id=search-c-item-img-01

 

f:id:FP1nakagawa:20220102070744j:plain

【人生の教科書】「学問のすすめ」から学ぶ実学⑳

啓蒙思想

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

前回に続き、混迷の時代を生き抜くためのバイブル福澤諭吉先生の「学問のすすめ」を読み解きながら、今私達がすべきことは何かを考えて行きたいと思います。齋藤孝先生が現代語訳された学問のすすめちくま新書」をご準備ください。

 

楽天ブックス(送料無料)〉※中古でも大丈夫。(笑)

https://books.rakuten.co.jp/rb/5974845/?l-id=search-c-item-img-01

 

〈第10編〉学問にかかる期待「初歩の学問で満足するな」※中略

人間たる者は、ただ自身と家族の衣食を得ただけで満足してはならない。人間にはその本性として、それ以上の高い使命があるのだから、社会的な活動に入り、社会の一員として世の中のためにつとめなければならない。

 

学問をするには志を高くしなくてはならない。およそ世の中で、簡単に手に入るものにはそれほどの価値はない。物の価値というのは、手に入れるのが難しいことによるのだから。

 

〈FPおじさんインプレッション〉

前回、福澤諭吉先生からの厳しい教えを学びました。高い使命を持ち社会に貢献する人間以外は、動物と変わらない。社会の一員として世の中のためにつとめなければならない。昨今、ニートという人種が急増しているが、その輩は動物以下ということになります。

 

世には志を高くして学ばなければ手に入らない資格があります。医師弁護士公認会計士税理士などの国家資格がそれです。手に入れるのが難しい資格ほど価値が高いのは言うまでもありません。

 

学生さんは無論、社会人の方も自分自身が志を高くして学んでいるかいないかを今一度、自問自答してみてください。今からでも手遅れではありませんので、幸せな人生を掴むためにお互い頑張りましょう。

 

出典:現代語訳 学問のすすめ

https://books.rakuten.co.jp/rb/5974845/?l-id=search-c-item-img-01

 

f:id:FP1nakagawa:20220102070744j:plain

【人生の教科書】「学問のすすめ」から学ぶ実学⑲

啓蒙思想

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

前回に続き、混迷の時代を生き抜くためのバイブル福澤諭吉先生の「学問のすすめ」を読み解きながら、今私達がすべきことは何かを考えて行きたいと思います。齋藤孝先生が現代語訳された学問のすすめちくま新書」をご準備ください。

 

楽天ブックス(送料無料)〉※中古でも大丈夫。(笑)

https://books.rakuten.co.jp/rb/5974845/?l-id=search-c-item-img-01

 

〈第9編〉よりレベルの高い学問「現在はまさにチャンス」※中略

むかしから能力のある人間には、心身を労して世の中のために事をなす者が少なくなかった。いまこうした人物の心中を想像するに、彼らが衣食住が豊かなこと程度で満足する者には到底思えない。社会的な義務を重んじて、高い理想持っていただろう。

 

いまの学生は、これらの人物より文明の遺産を受けて、まさしく進歩の最前線にいるのだから、その進むところに限界を作ってはいけない。いまより数十年後、後の文明の世では、いまわれわれが古人を尊敬するように、そのときの人たちがわれわれの恩恵を感謝するようになっていなくてはならない。

 

要するに、われわれの仕事というのは、今日この世の中にいて、われわれの生きた証を残して、これを長く後世の子孫に伝えることにある。これは重大な任務である。事をなすには、時勢に合う合わないがある。時を得なければ能力のある人間でもその力を発揮することはできない。そういう例は古今少なくないのだ。

 

〈FPおじさんインプレッション〉

「われわれの仕事というのは、今日この世の中にいて、われわれの生きた証を残して、これを長く後世の子孫に伝えることにある。これは重大な任務である。」この福澤諭吉先生からの教えがFPおじさんの「人生のミッション」になっています。

 

大学4回生の時、税理士事務所に就職して税理士になるか、大原学園資格の大原グループ)に就職して黎明期のFPファイナンシャル・プランナー)の普及に貢献するか心底悩みました。その際、FPおじさんは「生きた証」を残したいと思いました。そして、「3・2級FP技能検定テキスト・問題集」を仲間と執筆しました。

 

FPおじさんは現在52歳ですが、私の生きた証として著書を残しました。現在、皆さんは、生きた証として何が残せますか?自問自答して、見当たらない方は今からでも遅くないと思いますので余生でチャレンジしてみてください。

 

出典:現代語訳 学問のすすめ

https://books.rakuten.co.jp/rb/5974845/?l-id=search-c-item-img-01

 

f:id:FP1nakagawa:20220102070744j:plain

【予想的中】世界同時株安にみる強欲(グリード)の末路(続報)

FP実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

史上最高値で米国株式や日本株の売却(利益確定)を繰り返し(何度も何度も)お勧めして、キャッシュポジション現金化)を高めるように警告してきました。ご存知のとおり、今週、米国株式が大暴落して節目の30,000ドルを割り込みました。

 

最強とされていた「米国株NYダウNasdaqS&P)」の株価チャートも完全に崩れて下落トレンド入りした可能性があり下値抵抗ライン200日移動平均線(長期MA)まで大暴落しており、このラインを明確に突き抜ければ大変なことになりますと2022年1月23日のブログで警告したとおりになりました。

 

NYダウ平均株価は1月から6月までの半年間36,000ドルから29,880ドルまで大暴落したわけですが、安易に押し目買いを入れるのは非常に危険です。強欲グリード)の末路は決まっており大切なお金を失うことになります。

 

半年前、FPおじさんの顧客は史上最高値で株やファンドを売り抜けて大きな利益を得ることができました。一方、銀行や証券会社を信じて長期保有という甘い言葉に騙された投資家は大きくポートフォリオを棄損していると思います。

 

日本政府が推奨している「NISA」や「i-Deco」、また「確定拠出年金」に投資されておられる方も含み損を抱えている状況で夜も寝られない状況ではないでしょうか。米国FRBによる「金融緩和」縮小(テーパリングFFレート引き上げ)により、2001年に経験したITバブルドットコムバブル)崩壊と同じ末路を辿るでしょう。

【速報】米国FRBパウエル議長の再任リスクは? - FP1級おじさんの日記

 

〈過去ブログ〉

 

あくまでも個人的な見解ですが、世界同時株安はこれからが本番だと思います。私の顧客は億投資家ばかりですが、今回特別に先着100名様限定無料)で投資相談に乗らせていただきます。私のTwitterをフォロー(@FP04572932)してDMを送ってください。

 

〈注意〉

上記内容は、FPおじさんの私論であり一切の責任は負いかねますので、最終判断は自己責任で宜しくお願いいたします。

 

f:id:FP1nakagawa:20191010050227j:plain

【人生の教科書】「学問のすすめ」から学ぶ実学⑱

啓蒙思想

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

前回に続き、混迷の時代を生き抜くためのバイブル福澤諭吉先生の「学問のすすめ」を読み解きながら、今私達がすべきことは何かを考えて行きたいと思います。齋藤孝先生が現代語訳された学問のすすめちくま新書」をご準備ください。

 

楽天ブックス(送料無料)〉※中古でも大丈夫。(笑)

https://books.rakuten.co.jp/rb/5974845/?l-id=search-c-item-img-01

 

〈第9編〉よりレベルの高い学問「人間は社会的動物」※中略

第二の動きについてだが、そもそも人間の性質というのは集まって住むことを好んで、決してひとりで孤立してはいられないものだ。夫婦や親子といった集まりでは、まだこの性質を満足させることはできない。

 

広く他人と交際して、その交際が広くなればなるほど自身の幸福も大きくなるのを感じるものであって、これが人間社会が生まれた所以である。そして、社会の一員となった以上は、またそれに対する義務がなければならない。

 

およそ、世の中に学問といい、工業といい、政治といい、法律というものは、みな人間社会のために存在するのであって、人間社会がなければ、いずれも不要のものである。政府は何のために法律を作るのか。悪人を防いで善人を保護し、社会をきちんと機能させるためである。

 

〈FPおじさんインプレッション〉

前回の第二の教えを深堀して教示されておられます。「広く他人と交際して、その交際が広くなればなるほど自身の幸福も大きくなるのを感じるものであって、これが人間社会が生まれた所以である。」という教えは、今でもFPおじさんのポリシーです。

 

社会人として社会貢献するために、人間としての義務を果たす。これこそが生きる意味であり人間社会の本流です。FPおじさんも余生は、税理士として租税法律主義の下で人間としての義務を果たし生涯を全うしようと思います。

 

出典:現代語訳 学問のすすめ

https://books.rakuten.co.jp/rb/5974845/?l-id=search-c-item-img-01

 

f:id:FP1nakagawa:20220102070744j:plain

【人生の教科書】「学問のすすめ」から学ぶ実学⑰

啓蒙思想

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

前回に続き、混迷の時代を生き抜くためのバイブル福澤諭吉先生の「学問のすすめ」を読み解きながら、今私達がすべきことは何かを考えて行きたいと思います。齋藤孝先生が現代語訳された学問のすすめちくま新書」をご準備ください。

 

楽天ブックス(送料無料)〉※中古でも大丈夫。(笑)

https://books.rakuten.co.jp/rb/5974845/?l-id=search-c-item-img-01

 

〈第9編〉よりレベルの高い学問「学問の二つのレベル」※中略

人間の心身の動きを細かに見ると、これを二種類に分けて区別するべきことがわかる。

  • 第一は、一個人としての働きである。
  • 第二は、社会的交わりの中での社会人としての動きである。

 

第一の心身の働きで衣食住の満足を得ること、これを一個人についての働きという。だから、人として自分で衣食住を得るのは何も難しいことはないのだ。これができたからといって、別にいばるほどのことではない。

 

もちろん、独立して生活するのは、人間にとって重要なことであり、「自分の汗で飯を食え」とは、古人の教えではあるけれども、私の考えでは、この教えを達成したからといって、人間たるもののつとめを果たしたとは言えない。この教えはただ、動物に負けていない、というだけのことだ。

 

〈FPおじさんインプレッション〉

少し理解に苦しむ教えですが、シンプルに考えてみると自分の汗働き)で飯を食べるのは当たり前で、動物でも獲物を捕まえて働いて)生きている。なので、それだけでは、人間である責務を果たしたことにならないという厳しい教えだと思います。

 

確かに「生きるために働く」のは当たり前で、衣食住を得るために働くのは蟻と同じとまで福澤諭吉先生は𠮟咤激励されておられます。要するに第二の教えである「社会人として社会貢献」しなければ人間ではないということです。

 

学問のすすめ」では、文明の発展に寄与した者だけが人間としての責務を果たしたことになると教えています。今、皆さんは仕事を通じて文明の発展に寄与しているという自覚はありますか?今一度、自分と向き合って自問自答してみてください。

 

出典:現代語訳 学問のすすめ

https://books.rakuten.co.jp/rb/5974845/?l-id=search-c-item-img-01

 

f:id:FP1nakagawa:20220102070744j:plain