FP1級おじさんの日記

税理士を目指すFPおじさんの奮闘記

FPが緊急解説!日本株マクロ投資戦略【アフアベノミクス】⑧

FP実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

2020年8月28日(金)午後5時、「安倍総理(首相)」が持病悪化により辞任を表明されました。前回につづき、今回も「アフタアベノミクス」の日本株マクロ投資戦略について、解説していきます。

 

〈3本の矢(アベノミクス)〉

  1. 第1の矢 ⇒ 大胆な金融政策(デフレマインドの払拭)
  2. 第2の矢 ⇒ 機動的な財政政策(政府主導による需要創出)
  3. 第3の矢 ⇒ 民間投資を喚起する成長戦略規制緩和

出典:首相官邸ホームページ

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/seichosenryaku/sanbonnoya.html

 

〈第2の矢(機動的な財政政策)〉

財政政策とは、政府が歳入や歳出を通じて、経済に影響を及ぼす政策ことです。2008年リーマンショックの財政政策(第1弾)では、約10兆円規模の経済対策予算が組まれました。今回、2020年コロナショック時の財政政策(第1弾)では、何と約39兆円(第1弾)が組まれました。

 

今後の投資を考える際、「リーマンショック」と「コロナショック」の違いを十分に理解して長期のマクロ視点で戦略を練らなければなりません。FPおじさんがお勧めしているのは、デイトレードを代表するような短期の投機ではありません。

 

「投機」と「投資」は全くの別物です。投資の初心者の方は、「投機=ギャンブル」で「投資=成長を買う」という視点を先ずは理解してください。昨今、失業者の方が証券口座を開設し「投機」をしているのを見て、非常に危険だと感じています。

 

短期の投機で勝ち続けることは絶対にありません。現在、世界的な投機家(ヘッジファンド)は、AI(人工知能)を駆使したプログラム売買を行っており、人間の知能が勝てるはずがありません。人間の裏の裏まで読んで投機(勝負)を仕掛けてきます。

 

新型コロナウィルスが世界にもたらした変革(地獄)は、これまでの投資戦略(常識)が通用しない可能性があります。少なくとも日本は、世界で最も少子高齢社会を迎える国であることも忘れてはなりません。

 

以上、次回も「アフタアベノミクス」を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。このブログを見て、FPおじさんに賛同していただける同志の方は、是非、TwitterをフォローしてDM(ダイレクトメール)をください。

 

なお、FPおじさんに、個別投資相談したいという方が非常に増えております。ご希望の方は、「Twitter@FP04572932」からDM(ダイレクトメール)でご相談ください。大反響につき「有料相談」になりますが、お役に立てると思います。(合掌)

 

〈注意〉

上記内容は、FPおじさんの私論であり一切の責任は負いかねますので、最終判断は自己責任で宜しくお願いいたします。

 

f:id:FP1nakagawa:20191010050227j:plain

 

 

FPが緊急解説!日本株マクロ投資戦略【アフアベノミクス】⑦

FP実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

2020年8月28日(金)午後5時、「安倍総理(首相)」が持病悪化により辞任を表明されました。前回⑥(9/5更新)から少し飛びましたが、今回も「アフタアベノミクス」の日本株マクロ投資戦略について、解説していきます。

 

〈3本の矢(アベノミクス)〉

  1. 第1の矢 ⇒ 大胆な金融政策(デフレマインドの払拭)
  2. 第2の矢 ⇒ 機動的な財政政策(政府主導による需要創出)
  3. 第3の矢 ⇒ 民間投資を喚起する成長戦略規制緩和

出典:首相官邸ホームページ

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/seichosenryaku/sanbonnoya.html

 

〈第2の矢(機動的な財政政策)〉

前回まで、第1の矢(大胆な金融政策)を解説しました。現在の「株高」は必ずしも日本の実体経済を反映しているものではなく、アベノミクスの「量的緩和」という大胆な金融政策により株価操作で「作られた株価」であることを理解してください。

 

今回から、第2の矢(機動的な財政政策)を検証していきます。 そもそも財政政策とは何でしょうか。それは、政府が歳入や歳出を通じて、経済に影響を及ぼす政策ことです。先に解説した中央銀行が行う金融政策とならぶ経済対策の柱です。

 

ちなみに、2008年リーマンショックの財政政策(第1弾)では、約10兆円規模の経済対策予算が組まれました。今回、2020年コロナショック時の財政政策(第1弾)では、何と約39兆円(第1弾)が組まれたのは記憶に新しいと思います。

 

リーマンショック」と「コロナショック」は、規模および(本)質が全く異なります。詳細は、次回、解説していきますが、全世界同時に経済が止まった今回の経済危機は、歴史上人類が経験したことの無いスケールであることを肝に銘じてください。

 

以上、次回も「アフタアベノミクス」を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。このブログを見て、FPおじさんに賛同していただける同志の方は、是非、TwitterをフォローしてDM(ダイレクトメール)をください。

 

なお、FPおじさんに、個別投資相談したいという方が非常に増えております。ご希望の方は、「Twitter@FP04572932」からDM(ダイレクトメール)でご相談ください。大反響につき「有料相談」になりますが、お役に立てると思います。(合掌)

 

〈注意〉

上記内容は、FPおじさんの私論であり一切の責任は負いかねますので、最終判断は自己責任で宜しくお願いいたします。

 

f:id:FP1nakagawa:20191010050227j:plain

 

 

【速報】FPが緊急解説!株価暴落注意〈ソフトバンクショック③〉

FP実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

先週につづき、今週も勤務する税理士法人での仕事が多忙を極めて、ブログを更新することができませんでした。「FP1級おじさん日記」をご愛読の皆さん許してね。(祈)

 

現在、FPおじさんは、3企業(団体)の経営再生コンサルティングに関与しています。クライアントのために全身全霊で支援しますよ!(気合)

 

さて、今回も大反響をいただいた「ソフトバンクショック」について、続報をお伝えしたいと思います。引き続きネットで大炎上しており、その動向から目が離せない状況であることは間違いありません。本当にやばいですね。(笑)

 

今週月曜日(9/14)、ソフトバンクGが何と「上場廃止(非上場化)」を検討していると各機関が一斉に報道しました。産経新聞によると、株価急落により「孫正義会長」が苛立っているとの未確認?の報道がありました。

 

前回ブログで速報したとおり、ソフトバングGがオプション取引により米国株を吊り上げていたことが露呈して、ソフトバンクG株は「急落」しました。投機家(ヘッジファンドソフトバンクGは、何を考えどこを目指しているのか。

 

ソフトバンGは、虎の子である「英Arm(アーム)株」を「Nvidia(エヌビディア)」へ約4.2兆円で売却しました。それに伴い、ソフトバンクGは現金(キャッシュ)Nvidia株(米半導体メーカー)を取得しました。

 

Nvidiaは、米国の米半導体メーカーで「GPU(画像処理半導体」を製造している大企業です。米国株時価総額ランキング15位の米国では超有名企業です。今回の株式取得によりソフトバンクGは、Nvidia筆頭株主になるようです。(驚)

 

FPおじさんの私論ですが、万が一、ソフトバンクGが「非上場化」それば、世界から「信用(クレジット)」を失い、四面楚歌になる可能性があると感じます。「閉ざされた会社(独裁会社)」と付き合いたいと思いますか?

 

本来の会社のブランディングとは全く逆行しており、「マネーゲーム」に傾斜しているソフトバングGは、パチンコ(パチスロ)依存症の狂った人間と同じであり社会的な存在意義はあるのでしょうか。無念無念無念

 

以上、FPおじさんに、個別投資相談したいという方が非常に増えております。ご希望の方は、「Twitter@FP04572932」からDM(ダイレクトメール)でご相談ください。大反響につき「有料相談」になりますが、お役に立てると思います。(合掌)

 

出典:日本経済新聞社ホームページ 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63492230V00C20A9000000/

 

〈注意〉

上記内容は、FPおじさんの私論であり一切の責任は負いかねますので、最終判断は自己責任で宜しくお願いいたします。

 

f:id:FP1nakagawa:20191010050227j:plain

 

【速報】FPが緊急解説!株価暴落注意〈ソフトバンクショック②〉

FP実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

今週は勤務する税理士法人での仕事が多忙を極めて、ブログを更新することができませんでした。実は今月、税理士法人の決算月になります。予算達成に向けての取り組み、次期の経営計画立案、退職者の引き継ぎなど、かなりやばい感じでした。(笑)

 

さて、大反響をいただいた「ソフトバンクショック」について、ご相談が非常に多く、続報をお伝えしたいと思います。ネット上でも大炎上しており、引き続き動向から目が離せない状況であることは間違いありません。

 

ソフトバンクGの株価は、高値6,600円から5,400円まで叩き売られ約20%も大暴落し、昨日金曜日は少し戻して5,860円で終了しました。このような状況の中、「買い」で底値を拾う投機家がおり常軌を逸していると感じます。

 

本業を忘れて投機に走り、大変な事態になった企業の末路がどうなったのかは「歴史」が実証しています。ご存知の方も多いかと思いますが、ソフトバンクGの社外取締役を務めておられたファーストリテイリングユニクロ)の柳井会長は、投機に走る孫会長の愚行に嫌気がさして辞任されました。

 

皆さんは、昭和末期の日本株バブルを覚えておられますでしょうか?日経平均株価歴史的な大天井38,915円(1989年12月29日)を付けました。史上空前の「財テク」ブームが日本に巻き起こり、個人も会社も狂ったように株式を買いまくりました。その後のバブル崩壊により、財テクに走った企業は大半が消滅しました。

 

現在の状況は、上記のバブル天井とほぼ同じ状況だと感じております。コロナ対策で支給された大切なお金を「投機」に使っている残念な人が絶望的なレベルでおられます。FPおじさんは、ブログで「自己投資」に使って欲しいと力説しました。

 

投資は自己責任ですから「投機」に使うのも結構ですが、歴史は繰り返されます。ソフトバンクGがどうなるのかは「神様」がお決めになります。ただ、経営の神様である「ドラッカー」は、ビジネスとは価値の創造を通して社会貢献することであると説きます。

 

経営の神様からのメッセージを無視したソフトバンクGの投機的行動がどうなるのかは、結果が出るまで分かりません。ただ、もう一度言います。「歴史は繰り返される。

 

以上、FPおじさんに、個別投資相談したいという方が非常に増えております。ご希望の方は、「Twitter@FP04572932」からDM(ダイレクトメール)でご相談ください。大反響につき「有料相談」になりますが、お役に立てると思います。(合掌)

 

出典:日本経済新聞社ホームページ 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63492230V00C20A9000000/

 

〈注意〉

上記内容は、FPおじさんの私論であり一切の責任は負いかねますので、最終判断は自己責任で宜しくお願いいたします。

 

f:id:FP1nakagawa:20191010050227j:plain

 

【速報】FPが緊急解説!株価暴落注意〈ソフトバンクショック①〉

FP実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

今週木曜日(9/3)、米国NYダウ平均株価が一時1,000ドル安まで大暴落しました。また、翌日金曜日(9/4)、同株価が一時600ドル安まで叩き売られて引けにかけて150ドルまで買い戻され相場が終わりました。

 

多くのメディアでは、「利益確定売り」だというお決まりの後解釈ばかりですが、大暴落の真実が表面化してきましたので情報共有させていただきます。あくまでもFPおじさんの私論となりますので、最終ご判断を自己責任でお願いしますね。

 

何と、ソフトバンクG(SBVF)が大量のコールオプション(OP)を購入して米国株を吊り上げているのが露呈しました。コールOPは、将来、必ず反対売買して「売り決済」されるため、株価の下落を引き起こす引き金(トリガー)になります。

 

上記の情報が一部関係者に漏れたため、売り急ぎから米株暴落につながった可能性が高いと思われます。本日、日経新聞を含めて世界各国の一般紙がこの情報を一斉に報道したため、週明け以降、大参事になるかもしれません。

 

米国株が大暴落すれば、コールオプションの損失によりソフトバンクGが破綻するリスクも高まり、日経225の採用銘柄ですから日本株すべてに影響がおよびます。ソフトバンクGは、いよいよ投機筋(ヘッジファンド)に豹変し、子会社である携帯事業を行うソフトバンクの持株さえも売却して超ハイリスクのオプションに手を染めてしまいました。

 

尊敬していた「孫正義会長」の晩年における「愚行」は非常に残念であり、「お金が人を変えてしまう。」典型例として後世に語り継がれることになるかもしれません。人は晩年において自身の人生を振り返り、次世代の「礎」になるためにどのような行動をとるべきかを考えなければなりません。無念。

 

以上、FPおじさんに、個別投資相談したいという方が非常に増えております。ご希望の方は、「Twitter@FP04572932」からDM(ダイレクトメール)でご相談ください。大反響につき「有料相談」になりますが、お役に立てると思います。(合掌)

 

出典:日本経済新聞社ホームページ 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63492230V00C20A9000000/

 

〈注意〉

上記内容は、FPおじさんの私論であり一切の責任は負いかねますので、最終判断は自己責任で宜しくお願いいたします。

 

f:id:FP1nakagawa:20191010050227j:plain

 

FPが緊急解説!日本株マクロ投資戦略【アフアベノミクス】⑥

FP実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

2020年8月28日(金)午後5時、「安倍総理(首相)」が持病悪化により辞任を表明されました。前回につづき、今回も「アフタアベノミクス」の日本株マクロ投資戦略について、解説していきます。

 

〈3本の矢(アベノミクス)〉

  1. 第1の矢 ⇒ 大胆な金融政策(デフレマインドの払拭)
  2. 第2の矢 ⇒ 機動的な財政政策(政府主導による需要創出)
  3. 第3の矢 ⇒ 民間投資を喚起する成長戦略規制緩和

出典:首相官邸ホームページ

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/seichosenryaku/sanbonnoya.html

 

〈第1の矢(大胆な金融政策)〉

前回、解説しましたが、現在の「株高」は必ずしも日本の実体経済を反映しているものではなく、アベノミクスの「量的緩和」という大胆な金融政策により株価操作で「作られた株価」であることを理解してください。

 

禁じ手と言われている日本銀行(BOJ)による「日本株ETF)購入」により、日本株を徹底的に買い支え、かつGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人を利用して、公的年金保険料で日本株を買いまくりました。株式市場には、「5頭のクジラ」が泳いでいると言われています。

 

〈株式市場を泳ぐ5頭のクジラ〉

  1. BOJ(日本銀行
  2. GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人
  3. 共済年金(国家公務員共済、地方公務員共済、私立学校共済)
  4. ゆうちょ銀行
  5. かんぽ生命 

 

2012年12月に安倍政権が発足以来、5頭のクジラは日本株(魚)を食べまくり日経平均株価を3倍(8,000円⇒24,000円)も吊り上げました。株高は経済効果を生みますので、悪いことではありません。ただ、実体経済が伴わず日本のGDPは全く増えていません。

 

ここで皆さんに質問です。5頭のクジラが食べた日本株(魚)は、将来、どうなるのでしょうか?そうです。「いつかは売却(吐き出す)」されるのです。5頭のクジラが食べた日本株(魚)は、絶望的なレベルで半端ない株数(量)です。

 

高齢社会が加速する日本において、上記、GPIFと3共済年金の2頭のクジラ日本株を売却すれば、日本株の下落は誰が見ても明らかであり、かつ新型コロナウィルスにより傷んだ日本経済下において外国人投資家日本株を手放せば、「大暴落」の可能性は否定できないと考えてください。(あくまでも私論です。)

 

以上、次回も「アフタアベノミクス」を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。このブログを見て、FPおじさんに賛同していただける同志の方は、是非、TwitterをフォローしてDM(ダイレクトメール)をください。

 

なお、FPおじさんに、個別投資相談したいという方が非常に増えております。ご希望の方は、「Twitter@FP04572932」からDM(ダイレクトメール)でご相談ください。大反響につき「有料相談」になりますが、お役に立てると思います。(合掌)

 

〈注意〉

上記内容は、FPおじさんの私論であり一切の責任は負いかねますので、最終判断は自己責任で宜しくお願いいたします。

 

f:id:FP1nakagawa:20191010050227j:plain

 

FPが緊急解説!日本株マクロ投資戦略【アフアベノミクス】⑤

FP実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

2020年8月28日(金)午後5時、「安倍総理(首相)」が持病悪化により辞任を表明されました。前回につづき、今回も「アフタアベノミクス」の日本株マクロ投資戦略について、解説していきます。

 

〈3本の矢(アベノミクス)〉

  1. 第1の矢 ⇒ 大胆な金融政策(デフレマインドの払拭)
  2. 第2の矢 ⇒ 機動的な財政政策(政府主導による需要創出)
  3. 第3の矢 ⇒ 民間投資を喚起する成長戦略規制緩和

出典:首相官邸ホームページ

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/seichosenryaku/sanbonnoya.html

 

〈第1の矢(大胆な金融政策)〉

前回、解説しましたが、アベノミクスの「量的緩和」という大胆な金融政策は、株式市場にはよい結果をもたらしましたが、実体経済には思った程の効果を発揮しませんでした。労働者の実質賃金下がり、かつ消費税増税も行われたことで、多くの国民の生活は逆に苦しくなってしまいました。

 

本来、金融政策は政府主導で行われるのではなく、独立した立場で日本銀行(BOJ)が行うべきものですが、安倍総理(首相)が黒田日銀総裁とチームで強烈に「株高」を演出しました。ご存知の方も多いかと思いますが、「黒田バズーカー」と言われるパフォーマンスで外国人投資家を日本の株式市場へ誘引しました。

 

また、禁じ手と言われている日本銀行(BOJ)による「日本株ETF)購入」により、日本株を徹底的に買い支えました。ある意味、株価操縦であり、民間人が行えば証券取引法違反で罰せられます。摩訶不思議で仕方ありません。市場の独立性は全くありません。 

 

さらには、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人を利用して、公的年金保険料の25%で日本株を買いまくりました。株式市場では、「クジラ」と称され日本株(魚)を一飲みにしていきました。これを見て外国人投資家は、安心して日本株を買ってくれたわけです。

 

以上、次回も「アフタアベノミクス」を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。このブログを見て、FPおじさんに賛同していただける同志の方は、是非、TwitterをフォローしてDM(ダイレクトメール)をください。

 

なお、FPおじさんに、個別投資相談したいという方が非常に増えております。ご希望の方は、「Twitter@FP04572932」からDM(ダイレクトメール)でご相談ください。大反響につき「有料相談」になりますが、お役に立てると思います。(合掌)

 

〈注意〉

上記内容は、FPおじさんの私論であり一切の責任は負いかねますので、最終判断は自己責任で宜しくお願いいたします。

 

f:id:FP1nakagawa:20191010050227j:plain