FP1級おじさんの日記

税理士を目指すFPおじさんの奮闘記

【アフタコロナ経営戦略】バランス・スコアカード(BSC4つの視点)入門⑩

ビジネス実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

今回は、アフタコロナを生き残るための唯一無二の経営思考「breakthrough(ブレイクスルー)」を構築していただく講義の第9回です。自ら新しい価値(仕事)を創造し、硝子の天井を突き破る起業家マインドを鍛えてください。

 

なお、FPおじさんは、大学教授(博士)ではありませんので専門家の皆さんからすると稚拙な内容かもしれません。ただ、実務家として中小零細企業の現場でお役に立つ内容を講義できれば幸いです。

 

〈第9回講義〉

新型コロナWの影響を考慮して個人の確定申告(所得税・消費税)の期限が、本来の3/15(月)から4/15(木)までに延長されているのは、皆さんご存知のとおりです。一方で、本来の期限までに申告を終わらせる税理士法人(事務所)も多いかと思います。

 

全国の同志諸君、疲れもピークで胃の痛い日々も続きますが、顧問先様のため、また国の財政(税収)を支えるために頑張りましょう。重ねて、医療従事者の皆さんへ心からのエールを贈ります。(合掌)

 

前回、日本企業(会社)は「99%が中小零細企業」であり、その10年後の生存率は、なんと「26%」しかないことを説明しました。新型コロナWの影響は甚大で、今後、景気回復には相当の時間を要すると思います。

 

そんな絶望的な経済環境を生き抜くのは、大手企業でも簡単ではありません。現に、本社ビルを売却する大手企業が続出しており、経営戦略を転換しているの誰が見ても明らかです。

 

先日、日本を代表するグローバル企業の旅行大手㈱JTBが、資本金23億円を1億円に減資しました。皆さんは、この本当の意味がお分かりでしょうか。減資の解説は、後日、改めてしたいと思いますが、「撤退する勇気」も重要な戦略論なのです。

 

〈企業の戦略ストーリー=企業の戦略トラベル

  • 経営理念(あるべき姿)=旅行の「目的
  • 経営計画(中期・短期目標)=旅行の「目的地
  • 定量目標(KGI・KPIなどの数値)=旅行の「予算
  • 定性目標(CSFなどの成功要因)=旅行の「行程
  • バランススコアカード(BSC)=旅行の「情報(しおり)」 

 

全10回で「経営戦略」の重要性を魂を込めて解説しました。次回から、より具体的な講義に入っていきます。当面、ブログ更新に時間を要しますが予めご了承の程、よろしくお願い申し上げます。

 

以上、心に鬼滅の刃をかざして、炭次郎のように絶対に諦めず「全集中水の呼吸」でブログ講義を受講してみてください。必ず、何か一閃の生きる智慧(ヒント)が見つかるはずです。超えて行こう!(祈)

 

出典:日本BSC学会ホームページ

https://bsc-japan.jimdofree.com/

 

f:id:FP1nakagawa:20191130155427j:plain

【アフタコロナ経営戦略】バランス・スコアカード(BSC4つの視点)入門⑨

ビジネス実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

今回は、アフタコロナを生き残るための唯一無二の経営思考「breakthrough(ブレイクスルー)」を構築していただく講義の第8回です。自ら新しい価値(仕事)を創造し、硝子の天井を突き破る起業家マインドを鍛えてください。

 

なお、FPおじさんは、大学教授(博士)ではありませんので専門家の皆さんからすると稚拙な内容かもしれません。ただ、実務家として中小零細企業の現場でお役に立つ内容を講義できれば幸いです。

 

〈第8回講義〉

前回、バランス・スコアカード(BSC)を作っていない企業(団体)は、「カーナビ」を搭載していない車を意味しており、そのような企業(団体)の経営が「戦略的に志向され迷いなく真っ直ぐ進むわけはない。」と解説しました。 

 

〈企業の戦略ストーリー=企業の戦略トラベル

  • 経営理念(あるべき姿)=旅行の「目的
  • 経営計画(中期・短期目標)=旅行の「目的地
  • 定量目標(KGI・KPIなどの数値)=旅行の「予算
  • 定性目標(CSFなどの成功要因)=旅行の「行程
  • バランススコアカード(BSC)=旅行の「情報(しおり)

 

日本企業(会社)は、「99%が中小零細企業」であることをご存知でしょうか。以前、ブログで「中小企業の生存率」をご紹介しましたが、中小企業白書による10年後の生存率は、なんと「26%」しかありません。

 

〈FPおじさんブログ:中小企業の生存率について〉 

https://fp1nakagawa.hateblo.jp/entry/2020/01/18/000000

 

今回の新型コロナウィルスの影響に伴う倒産・廃業は特殊要因として、「経営戦略が無い」ことが大きく影響しているとFPおじさんは、実務の現場で強く感じています。カーナビを搭載していない車で迷走している企業(団体)が、目的地に到着できず倒産・廃業に追い込まれています。

 

今は、インターネットを使えば経営戦略について何でも調べられますし、YouTube(動画)にも情報が溢れかえっています。ただ、そこで重要なことは、「あるべき姿(なりたい自分)」へその情報をフィッティング(落とし込み)できるかどうかです。

 

FPおじさんとしては、税理士中小企業診断士の先生方のプロの知見を借りるのが、最も効率的で本業にも専念できると思います。経営者(社長)には、メンター(心の支え)が絶対に必要です。是非、素晴らしいパートナーを見つけてください。

 

以上、心に鬼滅の刃をかざして、炭次郎のように絶対に諦めず「全集中水の呼吸」でブログ講義を受講してみてください。必ず、何か一閃の生きる智慧(ヒント)が見つかるはずです。超えて行こう!(祈)

 

出典:日本BSC学会ホームページ

https://bsc-japan.jimdofree.com/

 

f:id:FP1nakagawa:20191130155427j:plain

【アフタコロナ経営戦略】バランス・スコアカード(BSC4つの視点)入門⑧

ビジネス実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

今回は、アフタコロナを生き残るための唯一無二の経営思考「breakthrough(ブレイクスルー)」を構築していただく講義の第7回です。自ら新しい価値(仕事)を創造し、硝子の天井を突き破る起業家マインドを鍛えてください。

 

なお、FPおじさんは、大学教授(博士)ではありませんので専門家の皆さんからすると稚拙な内容かもしれません。ただ、実務家として中小零細企業の現場でお役に立つ内容を講義できれば幸いです。

 

〈第7回講義〉

横浜国立大学名誉教授の吉川武男先生は、「BSCとは、企業経営や行政におけるナビゲーションの役割を果たし、ビジョンと戦略をアクションに落とし込み、総戦力で成長力と競争力を付け、未来を切り拓く、戦略志向のナビゲーション経営システムである」と定義されています。

 

要するに、バランス・スコアカード(BSC)を作っていない企業(団体)は、「カーナビ」を搭載していない車を意味しており、そのような企業(団体)の経営が「戦略的に志向され迷いなく真っ直ぐ進むわけはない。」ということでした。

 

さて、「経営」とは何かを考える際、FPおじさんは「旅行」に例えて、会社社長様や医院理事長先生へお話をしています。難しく考える方が多い中、「シンプル・イズ・ベスト」を貫くのがFPおじさん流です。

 

〈企業の戦略ストーリー=企業の戦略トラベル

  • 経営理念(あるべき姿)=旅行の「目的
  • 経営計画(中期・短期目標)=旅行の「目的地
  • 定量目標(KGI・KPIなどの数値)=旅行の「予算
  • 定性目標(CSFなどの成功要因)=旅行の「行程
  • バランススコアカード(BSC)=旅行の「情報(しおり)

 

上記を見ていただくと一目瞭然ですが、皆さんが旅行へ行かれる際、当たり前にやっていることを会社(企業)経営でも行う必要があると理解できると思います。目的を決めない「ぶらり一人旅一人フリーランス」もありですが、通常は、「会社組織」であり、上記の戦略ストーリーが必須になります。

 

以上、心に鬼滅の刃をかざして、炭次郎のように絶対に諦めず「全集中水の呼吸」でブログ講義を受講してみてください。必ず、何か一閃の生きる智慧(ヒント)が見つかるはずです。超えて行こう!(祈)

 

出典:日本BSC学会ホームページ

https://bsc-japan.jimdofree.com/

 

f:id:FP1nakagawa:20191130155427j:plain

【アフタコロナ経営戦略】バランス・スコアカード(BSC4つの視点)入門⑦

ビジネス実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

今回は、アフタコロナを生き残るための唯一無二の経営思考「breakthrough(ブレイクスルー)」を構築していただく講義の第6回です。自ら新しい価値(仕事)を創造し、硝子の天井を突き破る起業家マインドを鍛えてください。

 

なお、FPおじさんは、大学教授(博士)ではありませんので専門家の皆さんからすると稚拙な内容かもしれません。ただ、実務家として中小零細企業の現場でお役に立つ内容を講義できれば幸いです。

 

〈第6回講義〉

に依存せず、会社に依存せず、家族に依存せず、経営者マインドを持ち強い勇気を持って「自立」する。前回、「ピンチチャンス」「チャンスチェンジ」というFPおじさんの最近の口癖をご紹介しましたが大好評でした。(笑)

 

さて、今回から実務的なお話をしていきます。先ずは、皆さんへ質問です。車に乗って旅行に行かれる際、「カーナビ」を利用されますか?多分、10人中10人が「YES(利用する。)」だと思います。

 

昨今では、「カーナビ」の無い車など売っていません。「カーナビ」は、目的地までの最短ルートをGPSでほぼ正確にナビゲーションしてくれます。「カーナビ」のお蔭で、車運転の素人でも安心して目的地まで行くことができます。

 

日本におけるバランス・スコアカード(BSC)の第一人者でおられる横浜国立大学名誉教授の吉川武男先生は、「BSCとは、企業経営や行政におけるナビゲーションの役割を果たし、ビジョンと戦略をアクションに落とし込み、総戦力で成長力と競争力を付け、未来を切り拓く、戦略志向のナビゲーション経営システムである」と定義されています。

 

要するに、バランス・スコアカード(BSC)を作っていない企業(団体)は、「カーナビ」を搭載していない車を意味しており、そのような企業(団体)の経営が「戦略的に志向され迷いなく真っ直ぐ進むわけはない。」ということです。

 

BSCの導入成功事例としては、「三菱UFJ銀行BSC」が有名ですが超大手の優良企業では当たり前になっているナビゲーションシステムが、中小零細企業では全く活用されていません。

 

以上、心に鬼滅の刃をかざして、炭次郎のように絶対に諦めず「全集中水の呼吸」でブログ講義を受講してみてください。必ず、何か一閃の生きる智慧(ヒント)が見つかるはずです。超えて行こう!(祈)

 

出典:日本BSC学会ホームページ

https://bsc-japan.jimdofree.com/

 

f:id:FP1nakagawa:20191130155427j:plain

【アフタコロナ経営戦略】バランス・スコアカード(BSC4つの視点)入門⑥

ビジネス実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

今回は、アフタコロナを生き残るための唯一無二の経営思考「breakthrough(ブレイクスルー)」を構築していただく講義の第5回です。自ら新しい価値(仕事)を創造し、硝子の天井を突き破る起業家マインドを鍛えてください。

 

なお、FPおじさんは、大学教授(博士)ではありませんので専門家の皆さんからすると稚拙な内容かもしれません。ただ、実務家として中小零細企業の現場でお役に立つ内容を講義できれば幸いです。

 

〈第5回講義〉

FPおじさんは経営戦略コンサルとして、「アフタコロナを生き残るためには、どうすれば良いですか?」とクライアントの社長様や開業医師(ドクター)の先生からご相談を受ける毎日です。

 

このクエスチョン(質問)に対して「正解は無く」、かつ「誰にも分らない」というのが正解だと思います。ただ、経営者は、「仮説」を立てて前に進まなければなりません。社員やその家族を守るために命を懸けています。

 

世の中(資本主義経)には、2種類の人間しかいないと思います。「雇う人」と「雇われる人」です。皆さんは、どちらでしょうか?この両者を違う視点で見ると、他人に「依存しない人」と「依存している人」になります。

 

アフタコロナを生き残るための智慧(ヒント)は、「経営者マインド依存しない強い心)」を持つことだとFPおじさんは常にアドバイスしています。新型コロナウィルスにより、仕事(職)を失って生活が苦しいという方は、当然に多いと思います。

 

一方で、皆さん全員が「経営者」だと仮定すれば、考え方(見え方)は180度変わってきます。「仕事を失って悲しいというネガティブなマインドから、「仕事を創り出すために戦うというポジティブなマインドにリセットされます。

 

に依存せず、会社に依存せず、家族に依存せず、経営者マインドを持ち「自立」し、絶望的な夜が明けるのをじっと待つ「勇気」が必要ではないかと思います。明けない夜は、絶対にありません。「ピンチチャンス」「チャンスチェンジ」これが、FPおじさんの今の口癖です。

 

以上、心に鬼滅の刃をかざして、炭次郎のように絶対に諦めず「全集中水の呼吸」でブログ講義を受講してみてください。必ず、何か一閃の生きる智慧(ヒント)が見つかるはずです。超えて行こう!(祈)

 

出典:日本BSC学会ホームページ

https://bsc-japan.jimdofree.com/

 

f:id:FP1nakagawa:20191130155427j:plain

【アフタコロナ経営戦略】バランス・スコアカード(BSC4つの視点)入門⑤

ビジネス実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

今回は、アフタコロナを生き残るための唯一無二の経営思考「breakthrough(ブレイクスルー)」を構築していただく講義の第4回です。自ら新しい価値(仕事)を創造し、硝子の天井を突き破る起業家マインドを鍛えてください。

 

なお、FPおじさんは、大学教授(博士)ではありませんので専門家の皆さんからすると稚拙な内容かもしれません。ただ、実務家として中小零細企業の現場でお役に立つ内容を講義できれば幸いです。

 

〈第4回講義〉

ブログ更新を心待ちのご愛読者の皆さん、大変お待たせしました。1月末の法定調書および給与支払報告書の提出、そして償却資産税申告書の提出が何とか終わりました。業務に携わっている全国の皆さん、お疲れ様でした。(笑)

 

さて、前回の復習ですが、経営者に必要な素養(バックグランド)は、「分析力」であり、血の滲むような努力が徒労に終わってしまうリスクを避けるために、「現状分析(ミクロ分析)」と「将来分析(マクロ分析)」が必要だと申し上げました。

 

成り行き人生」や「成り行き経営」を止め、「現状分析」を行い「人生(経営)戦略」を練り、「小さな一歩」を踏みすことで「大きな成長」へ繋がると熱弁いたしましたが、皆さんの心(ハート)に刺さっていれば幸いに存じます。

 

どのような商売(ビジネス)が有望なのかは今回のテーマではありませんので、割愛させていただきますが、それを知りたい(期待している)方も多いかと存じますので、後日、ブログに書きたいと思います。

 

それでは、「現状分析」の方法(スキル)について、具体的に考察していきたいと思います。MBA的(経営学)な理論を難しくブログに書いても全く絵に描いた餅のため、FPおじさん流に簡単(シンプル)に要約していきますね。  

 

FPおじさんは、いわゆる「戦略コンサル」として勤務している税理士法人では、「執行役員」という名刺(肩書)をもらっています。 世の中には、「コンサル業」の方が沢山おられますが、難しいことを難しく説明する方が多いなと感じます。

 

FPおじさんは、前職の大手専門学校勤務時代、2,000名を超えるFP(ファイナンシャルプランナーを輩出(合格)しました。20年間の講師経験を通して、難しいことを如何に簡単(シンプル)に伝えるのかを体得しています。

 

以上、心に鬼滅の刃をかざして、炭次郎のように絶対に諦めず「全集中水の呼吸」でブログ講義を受講してみてください。必ず、何か一閃の生きる智慧(ヒント)が見つかるはずです。超えて行こう!(祈)

 

出典:日本BSC学会ホームページ

https://bsc-japan.jimdofree.com/

 

f:id:FP1nakagawa:20191130155427j:plain

【アフタコロナ経営戦略】バランス・スコアカード(BSC4つの視点)入門④

ビジネス実務編

こんにちは。FPおじさんです。(^^♪

 

今回は、アフタコロナを生き残るための唯一無二の経営思考「breakthrough(ブレイクスルー)」を構築していただく講義の第3回です。自ら新しい価値(仕事)を創造し、硝子の天井を突き破る起業家マインドを鍛えてください。

 

なお、FPおじさんは、大学教授(博士)ではありませんので専門家の皆さんからすると稚拙な内容かもしれません。ただ、実務家として中小零細企業の現場でお役に立つ内容を講義できれば幸いです。

 

〈第3回講義〉

ブログ更新を心待ちのご愛読者の皆さん、大変お待たせしました。例年のことですが、この時期は案の定、税理士法人での業務が多忙を極め年始から休日返上でFPおじさんは奮闘しております。(笑)

 

さて、前回の復習ですが、新たにビジネス(商売)を始める場合、または勤務している会社で新規事業を検討する場合、これから始めるビジネス(商売)が、中・長期的に価値を生む(儲かる)のかというマクロ経済的な分析(視点)が必要です。

 

経営者に必要な素養(バックグランド)は、何でしょうか。深く経営学を学び、経営実務に携わったFPおじさんが考える素養とは、「分析力」です。経営者には、 「決断力」「判断力」また、「コミュニケーション能力」など様々な素養が必要です。

 

当たり前のことですが、「会社経営」においても「人生(生活)」においても、今自分が置かれている立場を十分に分析し理解した上で「夢(ビジョン)」を掲げ、そして「戦略」を練り「決断」する。

 

現状分析(ミクロ分析)」と「将来分析(マクロ分析)」を間違ってしまうと、いくら血の滲むような努力をしても全てが徒労に終わってしまうリスクを抱えることになります。

 

世の中、行き当たりばったりの「成り行き人生」や「成り行き経営」を行っている人が多いように感じます。今回のような大惨事(新型コロナウィルス)になり、大きな岐路に立たされて初めて、自分の人生(経営)を深く考えた方もおられると思います。

 

苦しい立場の方も多いかと思いますが、絶望せず是非とも「現状分析」を行い「人生(経営)戦略」を練り、「小さな一歩」を踏み出していただきたいと心から祈念いたします。「小さな一歩」が、必ず「大きな成長」へ繋がると信じます。

 

以上、心に鬼滅の刃をかざして、炭次郎のように絶対に諦めず「全集中水の呼吸」でブログ講義を受講してみてください。必ず、何か一閃の生きる智慧(ヒント)が見つかるはずです。超えて行こう!(祈)

 

出典:日本BSC学会ホームページ

https://bsc-japan.jimdofree.com/

 

f:id:FP1nakagawa:20191130155427j:plain